6月29日午前4時ごろ、群馬県玉村町内の国道354号を走行していた軽乗用車と、道路沿いの駐車場から進出してきた軽トラックが衝突する事故が起きた。この事故で軽トラックを運転していた67歳の女性が死亡。警察は19歳の少年を逮捕している。

群馬県警・伊勢崎署によると、現場は玉村町下新田付近で片側1車線の直線区間。軽トラックは道路左側の駐車場から進出してきたが、直後に国道を右方向から進行してきた軽乗用車と衝突したとみられる。

双方の車両は大破。軽トラックを運転していた同町内に在住する67歳の女性が胸部を強打して死亡。軽乗用車を運転していた同町内に在住する19歳の少年も軽傷を負ったが、警察は同日夜にこの少年を自動車運転過失致死容疑で逮捕している。

調べに対して少年は「軽トラックがどういう状況で進出してきたのか覚えていない」と供述しており、破損の状況からも速度超過状態で進行していた可能性が高いことから、警察は事故発生の経緯について慎重に調べを進めている。