マツダ・デミオ 13-SKYACTIV

マツダの金澤啓隆取締役専務執行役員は6月30日に東京で開いた『デミオ』発表会で、同社が2015年度までの中長期施策で推進している「モノ造り革新」が「今回のデミオから本格的な成果を出せるようになった」と語った。

この取り組みは、「開発の効率化と投資の抑制を両輪」(金澤専務)にしながら製品そのものも大幅な性能アップとコスト改善の両立を推進するものだ。SKYACTIVシリーズの第1弾となったデミオの改良時から着手していた。

開発面では部品の共通化もにらみ、「15年度くらいまでに投入するモデルの一括企画によって効率化を進めている」(同)という。生産面では、排気量の異なるエンジンを同一ラインに流すなどの改善を図り、投資抑制につなげている。

金澤専務は部品や工程によっては「設備投資を7割程度抑制できたものもある」と成果の一端を話した。

マツダ・デミオ 13-SKYACTIV マツダ・デミオ