ルノー・ジャポンは1日、カングーに4色の限定車を設定し発売した。目玉は、本国にもないピンク色(ローズ)だ。《撮影 宮崎壮人》

ルノー・ジャポンは1日、『カングー』に特別色を採用した限定車「クルール」を発表した。ラインナップモデルとしては日本のみの設定となるピンク色(ローズ)を含め4色を設定、台数限定で7月9日より販売を開始する。

カングーはルノーの販売の中核を担うMPVで、高い積載性と「フレンチタッチ」を具現化したポップなデザインが特徴。

カングークルールは昨年にも3色、各30台の限定車として日本に導入された。オレンジのATモデルは即日完売、全90台も3週間で完売するなど高い人気を誇った。今回のクルールでは、新色を追加、台数も大幅に増やし市場からの強い要望に応える。

4つの特別色は、ローズ(ピンク)、ブルークレールメタリック(水色)、オランジュ・アンダルー(オレンジ)、ベール・ジャルダン(緑)。台数はローズが30台、ほか3色が各90台。ローズは本国のラインナップにも存在しない特別色、ほか3色は1970年代に販売された初代『5(サンク)』の純生色として採用されていた歴史あるボディカラーだ。

このほか通常のカングーとの違いは、外観ではブラックバンパー、ブラックリアランプガーニッシュ、内装ではインパネ周りを濃いグレーに変更したほか、新デザインのシートを採用していることなどが特徴。

価格はMT仕様が219万8000円、AT仕様が229万8000円。

左から、オランジュ・アンダルー(オレンジ)、ベール・ジャルダン(緑)、ブルークレールメタリック(水色)《撮影 宮崎壮人》 初代ルノー5のカタログとの比較《撮影 宮崎壮人》 初代ルノー5のカタログとの比較《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》 ルノー カングークルール《撮影 宮崎壮人》