バトン(F1ヨーロッパGP)《写真 ピレリ》

来週末、自身12回目の母国GPに挑むマクラーレンのジェンソン・バトン。11年前ウィリアムズ・BMWでデビューして以来、過去11回のF1イギリスGPでの最高位は4位と、いまだ表彰台に登ったことがないだけに、母国での表彰台を求める気持ちは強い。

「願わくば表彰台に立ちたいと思っている。イギリスGPではまだ表彰台に立ったことがないからね。バレンシアでは速さが発揮できなかったから、ルイス(ハミルトン)も僕も少しネガティブになっていたかもしれない。でもシルバーストーンに向けて期待できる改善がある」

「レッドブルに追いつくに充分かどうかはわからないけれど、ポジティブな気持ちでマシンからベストのパフォーマンスを引き出したい。イギリスのファンのためにもいいショーを見せたい。レッドブルは強敵だが、僕らとて立ち止まるつもりはない。一生懸命プッシュし続ければ、必ず差を縮めることができるはずだ」とバトンはコメントしている。

バトン(F1スペインGP)《写真 ピレリ》