ゴードンマレーデザインの小型EV T.27の市販モデルが英国で公開された

有名デザイナー、ゴードン・マレー氏が率いるゴードンマレーデザイン社は29日、英国ロンドンにおいて、市販EVの『T.27』を初公開した。

ゴードン・マレー氏は2009年9月、低価格シティコミューターの市販計画を公表。『T.25』と呼ばれるのがそのモデルで、2012年の欧州市場投入を目指している。T.27は、そのEVバージョンだ。

開発コンセプトは、「世界で最も高効率なEV」。EVパワートレーンは、ZYTEKオートモーティブ社と共同開発した。

モーターは、最大出力34psを発生。二次電池は、蓄電容量12kWhのリチウムイオンバッテリーだ。0-100km/h加速は約15秒、最高速は105km/h。1回の充電での最大航続距離は、210kmを確保している。充電時間は、約4時間だ。

ボディサイズは全長2500×全幅1300×全高1600mm、ホイールベース1780mmと非常にコンパクト。車両重量は、バッテリー込みで680kgに抑えられる。

「iセンター」と名づけられたシート配置は、『マクラーレンF1』と同じアイデア。中央にドライバーが座り、乗員はドライバーの後方左右に1名ずつが着座する。乗車定員は3名だ。

T.27の開発は、英国政府が全面的にバックアップ。総開発費は900万ポンド(約12億円)だが、その半分の450万ポンド(約6億円)を英国政府が支援する。現時点では車両価格は公表されていないが、1万5000ポンド(約195万円)程度と見られている。