マツダ・デミオ

マツダの山内孝社長は30日、都内のホテルで開いた新型『デミオ』の発表会見で、2015年度には同社の世界販売車両のうち「8割以上にSKYACTIV技術が搭載される」との見通しを示した。

環境性能を大幅に高める同技術は30日に発売したデミオでは、まずエンジン(アイドリングストップ装置搭載)のみに採用した。秋には『アクセラ』でエンジンとミッションもSKYACTIVに刷新して投入する。

同社は今年度、130万台の世界販売を計画している。山内社長は今年度の同技術搭載車は「1割未満にとどまる」としたものの、中期経営計画の最終年度となる15年度には大幅な拡充を図る方針を表明した。

同社の中期計画では15年度に世界販売を170万台、連結営業利益を1700億円に拡大させる目標を掲げている。山内社長は同技術を「成長へのキードライバー」と位置づけ、「まず国内に投入したデミオでモメンタムをつけ、(同技術の)評価を高めるよう取り組みたい」と強調した。

SKYACTIVが搭載されるマツダ3(アクセラ)北米仕様。登場を予告。