エイチワンは2012年3月期の通期連結決算業績見通しを発表した。経常利益が前年同期比66.7%減の22億円と大幅減益になる見通し。

東日本大震災による部品不足で主要納入先であるホンダが減産した影響で、中間期までの売上高は同32.2%の減収となる見通し。7月から生産が本格的に回復する見通しで、下半期は増産することから通期の売上高は同8.9%減の1152億円にまで挽回する。

収益では中間期までは営業赤字を想定、下半期だけは増収とするものの、原材料価格の高騰や為替差損もあって営業利益は同58.6%減の24億円となる見込み。

最終利益は同67.4%減の15億円を見込む。