メルセデスベンツGLKクラス

ダイムラーは28日、中国合弁パートナーの北京汽車(BAIC)との提携関係を強化すると発表した。

提携強化の主な内容は、まず現地合弁の北京ベンツにおいて、メルセデスベンツ『GLK』など、合計4車種を現地生産車に追加。現在生産中の『Cクラス』と『Eクラス』に関しては、年産台数を8万台から、さらに引き上げる。

また、新エンジン工場を建設。同工場は2013年に稼働する予定で、直列4気筒ガソリンエンジンを当初、年間10万基生産する。将来的には、年産25万基レベルへ引き上げる計画だ。

さらに、中国にR&D(研究開発)センターも建設。新型車のテストや現地サプライヤーとの共同開発などを推進する。

これらの提携強化策実現に向けて、ダイムラーと北京汽車は向こう数年間に、約30億ユーロ(約350億円)を投資。同社のディーター・ツェチェ会長は「2020年には、プレミアムコンパクトカーの5台に1台が中国で販売される時代になる。我々は、さらなる現地生産を進める」とコメントしている。

メルセデスベンツ SLK350(上海モーターショー11)《撮影 永島伸幸》 メルセデスベンツ SLK350(上海モーターショー11)《撮影 永島伸幸》 メルセデス・ベンツ コンセプトAクラス(上海モーターショー11)《撮影 三浦和也》 メルセデスベンツ コンセプトAクラス《撮影 永島伸幸》 ダイムラーとBAICが事業拡大について合意