ボッシュは、7月1日から9月30日までの間、一部を除く国内の全工場・事業所で、休日を土・日曜日から木・金曜日に変更すると発表した。

日本自動車工業会は、自動車部品工業会、自動車総連と連携し、夏季期間のピーク電力の需要抑制を図るため、業界全体で休日を土・日曜日から木・金曜日にシフトすることを発表、また自動車メーカー各社もこれに追従する方針を発表している。

ボッシュも、この方針に全社を挙げて協力する、としている。

部品メーカーでは自動車部品以外の製品を製造しているケースも多いことから、一部の生産ラインや事業部門が自動車メーカーと歩調を合わせるケースはあるものの、全社で休日を変更するサプライヤーは多くは無い模様。

ボッシュでは、各工場で無駄な電気消費削減や一部自家発電装置の導入などの対策も実施するほか、一部工場の製造現場では、稼動時間を深夜・早朝にシフトし、昼間のピーク電力の削減が達成できるよう注力する。