クラリオンのリアビジョンカメラ

クラリオンは、車載用リアビジョンカメラ『RC11D』と『RC11C』の2モデルを7月上旬から発売すると発表した。

今回発売する2モデルは、有効画素数約30万画素の高感度CMOSセンサー、F値2.2の明るいレンズを搭載する。これによって夜間のバックライトやスモールランプのわずかな明かりでも独自の色彩調整技術により高い色再現性で安全な後方確認をサポートする。

また、CMOSセンサーの採用で、太陽や夜間に明るい照明など、強い光源が撮像素子に入った場合でも垂直方向に白い筋が発生するスミアが発生しない。

RC11Dはクラリオンのカーナビ、「クラスヴィア」、「スムーナビ」シリーズ専用モデルで、RC11Cは、RCA入力付きモニター用モデル。12V電源を内蔵し、バックランプリード接続でリバース時に起動する。RCAケーブル映像出力を装備する。

価格は両モデルともに1万3440円。

昼の画面 夜の画面