フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》

ホンダは、新型コンパクトカー『フィット・シャトル』、『フィット・シャトル・ハイブリッド』の、発売開始から約2週間の累計受注台数が月販計画の3倍になったと発表した。受注の内訳ではハイブリッドが86%を占めている。

フィット・シャトル/フィット・シャトル・ハイブリッドは6月16日に発売した。月販目標は4000台だが、発売開始から約2週間の6月28日現在で、累計受注台数は約1万2000台となり、好調な立ち上がりとなっている。

同社では、新型車のセンタータンクレイアウトによる大容量ラゲッジスペースや広々とした居住空間、コンパクトな5ナンバーサイズのボディ、ハイブリッド車ながら181万円からのお買い得感のある価格設定などが好評としている。

購入層は年齢・性別を問わず幅広い層から支持されている。

受注のカラー構成比は「プレミアムホワイト・パール」が最も人気が高く全体の25%、「アラバスターシルバー・メタリック」の23%、「クリスタルブラック・パール」の19%が続く。

フィットシャトル HYBRID(プレミアムホワイト・パール) フィットシャトル HYBRID(アラバスターシルバー・メタリック) フィットシャトル HYBRID(クリスタルブラック・パール)