日産ゴーン社長(日産パワー88発表)《撮影 小松哲也》

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は27日、電気自動車のライバルメーカーが現れるのは日産・ルノー連合が品ぞろえ、供給能力ともに整った後になるとの考えを示した。

ゴーン社長は同日開いた新中期経営経営計画「日産パワー88」発表会見で、電気自動車事業について「おそらく2015年までの間に、まず最初の次のライバルが量販のゼロエミッションを出してくるだろう」とした上で「それまでは日産が供給が追い付かないほどの販売をするということになる」と指摘。

さらに「日産・ルノーアライアンス全体で8車種の電気自動車を販売する。50万基のバッテリーの生産能力を確保し、それをした暁に競合他社、量販メーカーが現れてくるということになる。だから自信はある」と強調した。

また「電気自動車をブランドのためにやっていると思っている人がいるが、そうではない。これはビジネスとして理にかなっているからやっている」とも説明した。

ゴーン社長は27日発表した「日産パワー88」の中で、電気自動車について日産・ルノーアライアンスで「リーフに続く7車種の100%電気自動車を発売する。ルノーとともに2016年までに累計150万台の電気自動車を販売する計画」を明らかにした。

日産ゴーン社長(日産パワー88発表)《撮影 小松哲也》 日産パワー88 日産パワー88 日産パワー88 日産パワー88に登場したリーフ