住友金属と住友商事、米国最大の車輪・車軸メーカーを買収

住友金属工業と住友商事は、米国の車輪・車軸メーカーのスタンダード・スチールの持株会社、スチール・ホイール・アクイジッションを買収することで合意した。

スタンダードは、200年以上の歴史をもつ、車輪・車軸の米国トップメーカー。今回の買収は、住友金属として、ものづくりの基盤である国内製造拠点を強化するとともに、海外の成長市場で現地生産する基本戦略の一環。世界最大級で、成長が見込まれる北米市場でのプレゼンスを高め、将来は欧州・アジア諸国などグローバル市場に展開していく。

買収と同時に、住友金属はスタンダードに、住友金属の独自技術である車輪成型用回転鍛造機「SIRDプレス」や、素材となる鋼の高清浄度化技術などを技術移転する。これらの設備や技術移転によってスタンダードのハイエンド車輪市場での地位の向上を図り、将来の米国高速鉄道プロジェクトの受注を目指す。

鉄道は、利便性と環境に優しい輸送手段として世界的に需要が高まっている。これに伴って高い安全性、高速化・低振動・低騒音など、技術力と品質の向上が求められている。住友金属は、高級車輪・車軸の世界2極生産体制を構築し、ハイエンド車輪市場で世界のリーディングカンパニーの地位を強固にしていく。

さらに、生産拠点を日本と米国の2か所にすることで、リスクを分散、安定した製品を供給していく。