TDF

TDFは27日、東日本大震災の影響で公表を見送っていた2012年3月期の連結決算業績見通しを公表した。

売上高は前年同期比5.8%増の218億円と増収を見込んでいる。震災の復興需要などからトラックの需要増加が見込まれるため、同社の部品の受注も増加する見通し。

収益では、増収効果があるものの、原材料価格高騰が影響し、営業利益が同17.2%減の5億2000万円の見込み。経常利益が同28.1%減の5億6000万円を予想する。

通期業績見通しは同31.7%増の3億7000万円となる見通し。前年同期に震災関連で特別損失を計上した反動で増益となる見込み。