プジョー308CC

プジョー・シトロエン・ジャポンは6月27日、プジョー『308』シリーズをマイナーチェンジして7月1日から発売すると発表した。プジョーのコンセプトカー『SR1』で示した新デザインを、フラッグシップモデル『508』に続いて採用した。

エクステリアデザインでは、フロントエアインテーク部に、新デザインの象徴である「フローティンググリル」を採用。フロントボンネット上のノーズの張り出しを抑え、鋭角的で切れ上がったヘッドランプユニットとした。

リアデザインでは、5ドアハッチバックモデルのリアゲートに水平なクロームラインを追加。「Peugeot」のレタリングをライオンエンブレムの下に配置し、リアバンパーは、ライセンスプレートの両サイドにディフューザー風のデザインを採用した。

また、装備面では革巻きステアリングホイール、シャイニーブラックセンターコンソールパネルや照明付バニティミラー、アンビエンスランプ、ハーフレザーを採用、「CCシリーズ」にバイキセノン・ディレクショナルヘッドライトを追加装備する。

今回のマイナーチェンジに伴ってラインアップも見直され、クーペ・カブリオレタイプの「308CC」にエントリーモデルとしてファブリックシートを採用した「308CCプレミアム」を追加。一部機種については価格の見直しを実施、最大5.7%の値下げをおこなう。

価格は、5ドアハッチバックモデル308が254万円から、ステーションワゴン308SWが299万円から、308CCが399万円から。

プジョー308SW プジョー308