佐藤琢磨選手

25日開催されたインディカー・シリーズ第8戦の決勝レース、ポールポジションからスタートした佐藤琢磨選手は、3回目のピットストップを終えた183周目でスピン、リアを外側の壁にクラッシュし、リタイアとなった。

佐藤選手はレース終盤までトップグループを走行していたが無念のリタイア。レースは最後、マルコ・アンドレッティ選手とトニー・カナーン選手の一騎打ち。残り20周を切ったところでアンドレッティ選手がカナーン選手を突き放してオーバル初優勝を飾った。

佐藤琢磨は「本当に残念な結果になってしまいました。マシンは最初こそ曲がりにくかったのですが、ピットストップでセッティングを変更するとよくなっていきました。トップグループで戦い、リスタートでもポジションを守ることができていました。アクシデントはピットアウトの2周後でした。前の周からタイヤのグリップにはまったく問題がなかったので、なぜあの周にスピンしたのか、まだデータを見てみないとわかりません」とコメントしている。

これで、2011年のインディカー・シリーズは17戦のうちの8戦を消化。ポイントランキングは、ダリオ・フランキッティ選手が単独トップ、20点差で2位ウィル・パワー選手、3位スコット・ディクソン選手と続く、現在、佐藤選手はランキング13位。

表彰台 決勝レーススタート 佐藤琢磨選手の走り 佐藤琢磨選手のピットイン 【IRL 第8戦】決勝…佐藤琢磨、183周でリタイア 【IRL 第8戦】決勝…佐藤琢磨、183周でリタイア