HPD Bスペック・ラリー・フィット(パイクスピーク)

米国ホンダのレース部門の子会社であるHPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント)は、今年で89回目を迎えるパイクスピークインターナショナルヒルクライム(PPIHC)に『HPD Bスペック・ラリー・フィット』と『デザート・パイロット』の2台のマシンで初参戦する。パイクスピークでは、米国ホンダとしては以前EVカテゴリーで記録を残しているが、HPDとしては今回が初めての参戦だ。

HPD Bスペック ラリー・フィットは、HPDが市販のフィットをベースに、気軽にロードレースに参戦出来るようにレーシングキットとして販売されるパーツを組み込んだもの。レーシングキットの内容は、エクゾーストとサスペンション、ブレーキラインとパッド、ロールケージやシートハーネスといった安全面での装着が義務付けられるパーツ等で構成される。

Bスペック・フィットはすでに昨年のカリフォルニアのサンダーヒル25時間耐久に参戦している。公式戦参戦2台目となる今回のマシンは、同じBスペックでもグラベルとターマックが混在するPPIHCでの走行をにらみ、足元をラリー仕様のサスと1サイズ大きな205/50R-15タイヤに変更。エキジビションクラスにエントリーしている。

今回の参戦はプロモーション的な意味合いも強いが、HPDは今後北米ラリーシーンでのBスペッククラス創設に向け、ラリー仕様を投入したとのことだ。

一方のデザート・パイロットは、外観こそ北米専用のSUVパイロットを模してはいるが、中身はパイプを組み合わせたスペースフレームの完全なオフロードレーサー。ホンダ『リッジライン』でBAJA1000での2回のクラス優勝を果たした、ギャビン・スキルトン率いるカリフォルニアレース&ラリーチームの製作だ。

センターに座るドライバーの真後ろに搭載される3.7リットルV6エンジンは、HPDのレースチューニングにより400馬力を発揮。駆動方式は4WDでロングストロークの4輪独立懸架サスに、大径35インチオフロードタイヤが組み合わされる。デザート・パイロットは、今回のパイクスピーク・オープンクラスがデビュー戦。今後は北米オフロードレースの6気筒改造クラス「クラス6」に出場し、今年11月に開催されるBAJA1000への出場も予定している。

PPIHCの決勝レースは、現地時間26日午前9時(日本時間27日午前0時)にスタートする。

HPD Bスペック・ラリー・フィット(パイクスピーク) HPD Bスペック・ラリー・フィット(パイクスピーク) HPD Bスペック・ラリー・フィット(パイクスピーク) HPD Bスペック・ラリー・フィット(パイクスピーク) HPD Bスペック・ラリー・フィット(パイクスピーク) デザート・パイロット(パイクスピーク) デザート・パイロット(パイクスピーク) デザート・パイロット(パイクスピーク) デザート・パイロット(パイクスピーク)