LS600hLランドレー

7月2日、モナコ大公のアルベール2世王子の結婚式に、公用車として使用されることが決まっているレクサス『LS600h』。このレクサス、普通のレクサスではなかった。

レクサスが24日に明らかにしたところによると、このレクサスLS600hは、モナコ大公のために製作されたワンオフモデル。屋根の後半部分が透明なポリカーボネート製となっているのが特徴だ。結婚式当日のパレードの際、観衆へのアピールとセキュリティという両面のニーズを満たすために開発された。

この透明ルーフは、厚さ8mm、重さ26kgという軽量設計で脱着も可能。フランス企業製で、戦闘機やヘリコプターのキャノピーにも使われており、今回はそのノウハウが取り入れられている。

車名は「LS600hLランドレー」。ランドレーは後席部分だけがオープンになる車体名称だ。最近の例ではメルセデスベンツの超高級車ブランド、マイバッハに用意されており、これの日本価格は1億4200万円する。

レクサスLS600hLランドレーは、モナコ公国に納入されるLS600h全7台のうちの1台。レクサスによると、ベルギーのコーチビルダー、キャラット・ドゥシャトレ社が2000時間以上をかけて、大公の結婚式にふさわしい数々のカスタマイズを施したという。

LS600hLランドレー LS600hLランドレー LS600hLランドレー LS600hLランドレー LS600hLランドレー LS600hLランドレー LS600hLランドレー マイバッハ・ランドレー ファッションイベントでのマイバッハ・ランドレー(ベルリン、2008年) 22/35hpメルセデス・ランドレー(1909) 20/35hpベンツ・ランドレー(1909〜) 22/40hpメルセデス・ランドレー(1910〜12) 25/65hpメルセデス・ナイト・ランドレー(1912〜15) 8/38hpメルセデス(1926〜28)のランドレータクシー 8/38hpメルセデスベンツ・ランドレー(W02、1926〜36) メルセデスベンツ260D(W138、1936〜)。タクシーとして人気。ランドレーボディもあった マイバッハSW38プルマン・ランドレー(1936〜37ごろ) メルセデスベンツ300d(W189)。ローマ法王用(1960) メルセデスベンツ300d(W189)。ローマ法王用(1960) メルセデスベンツ300d(W189)。ローマ法王ヨハネ23世 メルセデスベンツ600(W100)プルマンランドレー(1965〜81)。ローマ法王用 メルセデスベンツ600(W100)プルマンランドレー(1965〜81)。ローマ法王用 メルセデスベンツ600(W100)プルマンランドレー(1965〜81) メルセデスベンツ600(W100)プルマンランドレー(1965〜81) メルセデスベンツ300SEL(W109)ランドレー。1978年、ヨハネ・パウロ2世のローマ法王就任直後のパレード メルセデスベンツSクラス(W140)ランドレー。ローマ法王用(1997) メルセデスベンツSクラス(W140)ランドレー。ローマ法王用(1997) レーニエ公とグレース・ケリーの結婚で贈呈されたロールスロイス・シルバークラウドIII(ランドレーではない) ロールスロイス・シルバーゴースト