「ヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA 電力補完計画 節電推進Ver.in 第3新東京市立第壱中学校」の特設サイト(C)カラー

アニメ『エヴァンゲリオン』をテーマにしたイベント「ヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA 電力補完計画」が再始動し、7月9日と10日に開催されることが23日決定した。

イベントは、シンジ、レイ、アスカたちが通う第3新東京市立第壱中学校を箱根町旧仙石原中学校に再現、教室では実際に座席に座っての記念撮影も可能。校庭には、ローソンが『iPhone』向けに開発した 『ローソンエヴァンゲリオンARアプリ』で、初号機ARがイベント期間中に復活する。

来場者には、劇中の各シーンと現在の箱根町を対比したAR機能つき「箱根補完ドライビングマップ」を無料配布。マップはAR機能により、葛城ミサトの解説を聞くことができる。

また、夏場の電力不足を考慮し、トヨタ『エスティマハイブリッド』の発電機能を利用して、展示照明などの電力として補うほか、節電をテーマとした展示教室も設置。同イベントに合わせ特別に制作した「NERV仕様プリウス」、「EVAカラープリウス」(初号機・2号機)などが展示される。

同イベントは、3月12日と13日に開催予定であったが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により開催中止となっていた。

開催日:2011年7月9日・10日
開催時間:10:00〜17:00(最終入場16:00)
開催会場:箱根町 旧仙石原中学校 特設会場
(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817番地)
参加費:無料

箱根町の旧仙石原中学校の教室に、アニメの世界を再現する。