三菱ミニキャブ

三菱自動車工業は23日、『ミニキャブ』『タウンボックス』『パジェロミニ』、ニッサンブランドの『クリッパー』『クリッパーリオ』『キックス』の軽自動車6車種のオートマチックトランスミッションに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対策部品の調達に1か月程度かかるため、同社と国土交通省では、改修作業が終了するまでは65km/h以下で使用するよう、異例の注意喚起を行っている。

対象となるのは、2010年7月22日〜2011年6月7日に製作された1万0987台。

トランスミッションケース内部の潤滑油路が不適切なため、65km/hを超えた走行を継続すると、プロペラシャフトとの潤滑が不足し、トランスミッション後端部が破損して走行不能となるおそれがある。また、一部の車種ではプロペラシャフトが外れ、燃料タンクを損傷させて燃料漏れが起き、火災に至る可能性もある。

全車両、エクステンションハウジングとプロペラシャフトを点検し、(1)いずれも異常がない場合はオートマチックトランスミッション内に潤滑油路変更用スペーサーを追加する(2)いずれかまたは両方に異常がある場合は、オートマチックトランスミッションのアウトプットシャフトを点検し、異常がある場合は新品のプロペラシャフトおよび潤滑油路を変更した対策品のオートマチックトランスミッションに交換する(3)同じくアウトプットシャフトに異常がない場合は、オートマチックトランスミッション内に潤滑油路変更用スペーサーを追加し、新品のプロペラシャフトおよび新品のエクステンションハウジングに交換する。

これらの改善措置用部品の供給に1か月程度要するため、全ユーザーに対して65km/hを超える使用をしないよう要請する。

不具合は昨年11月から今年6月までに3件発生しており、いずれも走行中に異音が発生し、走行不能になったり高速走行が困難になったりしたが、事故は起きていない。

三菱タウンボックス 三菱パジェロミニ