たま電気自動車も展示される

日産自動車は、国立科学博物館で6月28日〜7月24日に開催される「快進社創業100周年記念展ダットサン・ニッサンの源流〜受け継ぐパイオニア達の夢と志」に協賛すると発表した。

日産の源流企業の一つである快進社自働車工場は、1911年7月に橋本増治郎が創業した日本初の自動車製造工場。1914年に同社が完成させたDAT(ダット)自動車は、同社が「実用自動車製造」との合併を経て1926年に「ダット自動車製造」となった後も、シリーズとして昭和初期まで発展・進化を続けた。

また、昭和初期にダット自動車製造で生まれた小型車ブランド「ダットサン」は、1933年に鮎川義介が創業した日産自動車に継承され、その後、長年にわたって世界中で親しまれた。

今回の記念展では、橋本増治郎氏と快進社関連を中心に、日産へ受け継がれたダットサンから現在までのクルマづくりの軌跡、現在の日産が取り組む電気自動車をはじめとする「つぎの100年」に向けたクルマづくりも展示する。

快進社創業100周年記念展 快進社創業100周年記念展 アイコン