スズキ相良工場

スズキの鈴木俊宏取締役専務役員は23日、地震や津波などへの防護対策のため運転停止している中部電力・浜岡原子力発電所について、「福島(第1原発)の事故調査と原因分析に基づいて改めて対策を講じるべき」と指摘した。

同日、東京で行った業績予想発表の会見後に一部報道関係者に語った。鈴木専務は浜岡原発が新たな津波対策などに取り組んでいることについて「技術者からすれば、福島の分析結果をなぜ生かそうとしないのか理解に苦しむ」と述べた。

さらに、自動車でいえば「事故原因も調べずに車両の欠陥を改良したから安全に走れるというようなもの」とし、今後、福島第1原発の事故調査結果を踏まえたうえで「新たな対策の検討や実施が必要になろう」と話した。

同社は浜岡原発から11kmの地点に新鋭の相良工場が立地するなど、原発事故へのリスクが大きい。鈴木専務は同日の記者会見で「今後は原発に近いところで新規の投資は考えられない」との方針も示した。

スズキ相良工場