フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、自動車リサイクル法に基づく2010年度(2010年4月〜2011年3月)の自動車シュレッダーダスト(ASR)、エアバッグ類、フロン類の3品目の再資源化などの実績をまとめた。

実績にはフォルクスワーゲン車と、グループブランドのベントレー車の実績を含む。

ASRとして引き取った台数は3万0200台。引き取ったASRの量は6063.3トンで、ASRリサイクル率は84.6%となった。2015年度法定基準である70%を前倒しして達成している。

エアバッグ類は2万6939台から合計1万24297個のエアバッグを引き取った。重量は8928.0キロで、車上作動または取り外して回収処理している。リサイクル率は94.0%だった。

フロン類は2万8550台から合計8731.5キロのフロン類を引き取り、適正に処理した。

収支状況では、リサイクルに要した費用が4億7148万円で、資金管理法人から払い渡しを受けた総額が4億7067万円だったため、差し引き81万円の赤字だった。

自動車リサイクル法が施行された2005年1月からの累計収支では3428万4000円の赤字となっている。