ブガッティ16Cガリビエール

ブガッティが2009年9月、創業100周年を記念して披露した超高級サルーンコンセプト、『16Cガリビエール』。同車の市販版のネーミングがスクープされた。

これは21日、オランダの自動車メディア、『AUTOBLOG.NL』が伝えたもの。同メディアによると、16Cガリビエールの市販に際しては、『ロワイヤル』という車名が用意されるという。

このロワイヤル、1920-30年代に販売されていたブガッティ『タイプ41ロワイヤル』に由来。同車は6m以上の大型ボディに、排気量12.7リットルの直列8気筒エンジンを載せた超弩級サルーンだった。

この報道が事実なら、約80年ぶりに甦ることになるロワイヤル。スーパーカーの『ヴェイロン』用の8.0リットルW16気筒ターボエンジン(最大出力800ps程度)を搭載し、2012年には市販に移される見込みだ。

ブガッティ16Cガリビエール ブガッティ16Cガリビエール ブガッティ16Cガリビエール ブガッティ16Cガリビエール AUROBLOG.NL