18日午前5時10分ごろ、北海道小樽市内の国道5号を走行していたバイクが転倒。そのまま中央分離帯へ衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた50歳の男性が死亡している。

北海道警・小樽署によると、現場は小樽市春香町付近で片側2車線の直線区間。バイクはトンネルを出た直後にバランスを崩して転倒。そのまま中央分離帯に衝突したとみられる。

バイクを運転していた余市町内に在住する50歳の男性は全身強打でまもなく死亡。単独事故とみられ、巻き込まれた他車両は無かった。

警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。