参考画像:EVスポーツのコンセプトカー『i-MiEV SPORT AIR』

三菱自動車の益子修社長は22日開いた定時株主総会で、モータースポーツに復帰することがあれば「電気自動車で是非やってみたい」との思いを語った。

益子社長は「全く個人的な意見」と断りながらも、「モータースポーツから私どもは撤退したけれども、将来もう一度復帰することがあれば、電気自動車で是非やってみたいなという思いはある」と述べた。

また益子社長は「モータースポーツに関してはダカールラリーやWRCに参加して、大変多くの貴重なデータを収集することができた。それを新しい商品の中に安全性や耐久性ということで取り入れたことによって、SUVが受け入れられていることにつながっていると思う」と評価した。

一方、『ランサーエボリューション』の次期モデルに関する株主の質問に対しては「今後考えていきたいと思っているが、次期車の開発については何も決まったものはない」と答えた。

参考画像:EVスポーツのコンセプトカー『i-MiEV SPORT AIR』 参考画像:EVスポーツのコンセプトカー『i-MiEV SPORT AIR』 参考画像:EVスポーツのコンセプトカー『i-MiEV SPORT AIR』 参考画像:EVスポーツのコンセプトカー『i-MiEV SPORT AIR』