GAZOO Racing LFA

ドイツのニュルブルクリンクで開催される「第39回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」。トヨタ自動車のGAZOOレーシングは22日、レクサス『LFA』で参戦すると発表、新しいLFAのカラーリングも公開された。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースは、F1ドイツGPも開催されるグランプリコースと、全長20kmに及ぶ北コースのノルドシュライフェを組み合わせた1周25kmのロングコース。北コースは自動車メーカーがスポーツモデルのテストを行うことでも知られる。

このコースで行われる24時間耐久レースには、200台以上のレース車両がエントリー。GAZOOレーシングチームはレーシングドライバー飯田章氏を新監督に迎え、2台でエントリーする。

GAZOOレーシングも今年の参戦は、2012年から生産・デリバリーを予定するLFAの「ニュルブルクリンク・パッケージ」の最終確認も兼ねている。

飯田監督は「GAZOO Racingとして味づくりの旅が出発して、ニュルでの活動が5年目、LFAで4年目。ちょうど1年前の成瀬前監督の訃報から、1年があっという間でした。前に進む思いと力は、挑戦を続ける事により強さに変わっていけると信じています」としている。

ドライバーは、87号車が木下隆之、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラー、88号車は飯田章、石浦宏明、大嶋和也。メカニックは例年通り、同社社員が担当する。極限の性能を追求するモータースポーツにチャレンジすることを通じてクルマを鍛え、いいクルマづくりのための人材を育成する。

GAZOO Racing LFA ニュル24時間(写真:2010年のようす) GAZOORacing LFA