オートバックスセブンは、アナログ停波が迫る中、500人を対象に「地上波デジタル放送に関する意識調査」を実施し、結果をまとめた。

調査は、2006年5月、07年1月、11年1月に続いて今回が4回目。

調査結果によると車内を地デジ対応している比率は41%で、前回1月調査時と比較して3ポイントダウンし、自動車の地デジ対応は進んでいないことが明らかになった。

地デジ対応している人に対していつごろ対応したか聞いたところ、6か月よりも前が70%と多数を占めた。次いで1か月以内で11%だった。

地デジ対応していない人に現時点での車内の地デジ対応の意向を聞いたところ、対応したい思う人が56%と半数を占めた。思わないは27%、分からないが17%だった。

また、地デジ対応したいと答えた人に、いつごろを考えているかを聞いたところ、できるだけ早くが50%、年内が29%だった。地デジ対応の方法では、地デジチューナー内蔵のカーナビゲーションシステムを装着したいが53%、現在使用しているカーナビゲーションにチューナーを接続したいが42%だった。

地デジ対応のための予算では、最も多かった1万〜3万円程度が34%で、3万〜5万円程度が24%、5万〜10万円程度が21%、10万〜20万円程度が17%と各価格帯に分散した。

一方、地デジ対応したいと思わない人の理由では、従来から、クルマの中にテレビは必要ないと考えていたが46%と約半数、地デジ対応のコストが高価なためが33%だった。