ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》

3代目に進化したルノー『メガーヌ』のコンセプトは“Design for the Driver”である。そのインパネ周りは、近年のルノー車の特徴である、まるで浮かんでいるようにとよく表現されるデザインとなっており、また、柔らかいラインが特徴である。

「丸みを帯びたトリム類や、インパネのスイッチなどは極力数を少なくするようにすることで、洗練された雰囲気を演出しています」とセールス&マーケティング部の光村聖子さんは話す。「ドライバーが操作しやすい位置に様々な操作系が人間工学に基づいて、設置されていますので、こういったところでも“Design for the Driver”というコンセプトが生きているのです」。

標準グレードのプレミアムラインは、「デジタルのスピードメーターとアナログのタコメーターを組み合わせた新デザインのメーターパネルが採用されており、非常に視認性の高いデザインです」とその特徴を説明する。

スポーティグレードのGTラインは、「ダークカーボン調にまとめ、スポーティな走りを予感させるようなインテリアが特徴です」という。GTラインの大きな特徴として、ルノースポールテクノロジーが手掛けたシートが挙げられる。「サイドサポートが張り出したタイプのシートとなっており、メガーヌRS(ルノー・スポール)と同タイプのメーターパネルとともに、スポーティさを引き立てています」と語った。

ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》