ジェイテクトは、2012年3月期の通期連結決算業績見通しを公表した。

東日本大震災の影響で合理的な算定が困難だったことから業績見通しの公表を見送っていたが、自動車メーカーの生産が回復するなど、先行きの見通しがたってきたことから公表した。中間期の見通しは「未定」としている。

売上高は前年同期比0.5%増の9600億円と、ほぼ横ばいとなる見通し。

営業利益は円高による為替差損などを想定しているものの、下半期の増収効果などから同12.8%増の450億円、経常利益が同11.7%増の450億円を見込む。

最終利益は同19.4%増の240億円となる見通し。