ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》

3代目に進化したルノー『メガーヌ』。欧州でのコアユーザーが同車に求めるイメージは、「モータースポーツに由来するスポーティさ」だとセールス&マーケティング部の光村聖子さんはいう。

そこで、新型メガーヌではそれをデザインのDNAとして取り入れ、「躍動感や推進力にあふれたデザイン、そして、ロングホイールベース、ワイドトレッド、ショートオーバーハングという安定感のあるフォルムを作りました」(光村さん)。また、「フロント、サイド、リアすべての面でバランスが取れており、その上に複雑なラインが組み合わさったデザインとなっています」と語る。

そのもっとも特徴的な部分として光村さんはまずボンネットを挙げる。「Aピラーから始まり、ボンネット上を、カーブを描くようにエンブレムにつながるライン。そして、ボンネットのセンターを示しているラインです」という。

また、「フロントのエアインテークから流線型のヘッドランプを回り、フェンダーの上、そして、サイドからリアへ流れる特徴的な1本のショルダーライン」も特徴的である。これらが主に「スポーティさや推進力を表しているライン」だという。

そして、サイドを流れるラインは実は、クルマを一周囲むように流れている。それを上から見下ろすと、「少しウェストがきゅっと絞られているようなデザインになっています」。サイドのデザインは、クーペを意識していることから、ルーフラインがリアに向かうにしたがって下降することも、そのコンセプト“躍動感や推進力”につながっている。

ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ GTライン《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》 ルノー メガーヌ プレミアム《撮影 宮崎壮人》