丸順は、2012年3月期の通期連結業績見通しを公表した。

東日本大震災による部品不足で、主要納入先であるホンダの操業先行きが見通せなかったことから業績公表を見送ってきたが、ホンダの生産が予想より早く回復する見通しとなったことから公表した。ただ、中間業績見通しについては引き続き未定とした。

通期の売上高は上半期の自動車部品の販売低迷が影響し、前年同期比12.0%減の380億円と大幅減収となる見通し。

営業利益は73.9%減の6億円、経常利益が同83.3%減の3億円と大幅な減益を予想する。減収や為替差損、原材料価格の高騰が影響する見込み。

最終利益は5000万円にとどまる見込みだ。