フォード・エスケープ・ハイブリッド

東芝は、フォードモーターが2012年から量産を開始するハイブリッドカー(HV)、プラグインハイブリッドカー(PHV)向けに車載用インバーターを供給すると発表した。

東芝は、受注してから車載向けモーター生産などで実績のある三重工場に車載向けインバーターの生産ラインを完成。生産能力は年間15万台で、今後、製造設備の調整や、自動車メーカーの認定手続きなどを経て2012年4月から供給開始する。

東芝は昨年6月にフォードのHV、PHV向けに駆動用モーターを2012年から提供する契約を締結しており、車載用インバーターは、モーターとセットで納入することになる。

今後、HVやPHVなどの環境車両向けのインバーター市場は、グローバルに拡大していくことが予想され、市場規模は2010年度の約1800億円から2020年度には約1兆5000億円に成長することが見込まれている。今後、東芝は自動車関連事業の海外展開を加速、鉄道車両事業を含めたモーターやインバーター、二次電池などのパワーエレクトロニクス関連事業で2015年度までに売上高8000億円を目指す。

フォード・エスケープ・ハイブリッド フォード・フュージョン・ハイブリッド フォード・フュージョン・ハイブリッド フォード/リンカーンMKZ・ハイブリッド フォード/リンカーンMKZ・ハイブリッド