多層カーボンナノチューブ

宇部興産は、リチウムイオン電池の正極・負極の導電助剤としてAMC(多層カーボンナノチューブ)を事業化すると発表した。

同社は現在、宇部ケミカル工場(山口県宇部市)内にAMCの製造設備の建設を進めており、2011年10月から稼働を開始する予定。

同社は、COガスを原料として、DMC(炭酸ジメチル)などファインケミカル製品を製造しているが、2005年から同じCOガスを原料としてAMCの研究開発に着手、ポリマー・電池分野を中心に試作を重ねてきた。

AMCは、独自開発の触媒と製法により、繊維構造の中に釣鐘構造を持たせ、分散性、導電性に最適な性能を実現した。また、飛散しにくくハンドリング性が高い点が特徴で、生産効率が改善できる見通し。同社ではAMC事業としてパウダー・溶媒・ペレットの3つの形状で提供する予定。

同社は、リチウムイオン電池用電解液・セパレーターを生産してきた技術・経験を活かし、AMCを電池分野の新しい機能材料としてリチウムイオン電池の正極・負極の導電助剤としての需要拡大を見込む。

また、AMCは、ナイロン、ABSやポリカーボネートなど熱可塑性樹脂に配合することで導電性を発現、樹脂に帯電・静電防止機能を付与することができるため、半導体搬送容器、OA機器部材、静電気除去シートなど向けにも拡販を見込める。

同社は、AMC事業を2015年度に売上げ50〜100億円を計画している。