次世代自動車産業展11《撮影 山田清志》

米沢工業高校は「次世代自動車産業展2011」(15〜17日)に、生徒が製作した電気自動車(EV)を出展。来場者の注目を浴びていた。

「製作を始めてからナンバーをとるまで2年ちょっとかかりました。その間、携わった生徒は延べ50人ぐらいになると思います」と製作者である生徒は話す。

まず生徒のデザインをもとに、設計、原型を製作。旋盤、フライス盤などを駆使しながら各部品を加工。そして、スチールパイプを組み合わせて車体フレームをつくりあげるなど、文字通り高校生が試行錯誤しながら製作した。もちろん製作過程では、地元企業から様々なサポートを受けたという。

そして、完成したときには、製作者自ら校庭を走ってみた。「狭いので20km/hぐらいでしか走れませんでしたが、ちょっと怖かった」そうだが、納得できなかった部分もあったとのこと。「車体が重たいので、軽くして燃費をよくしていく必要がある。それにパソコンを積んでいるので、テレビやネットにつなげられるようになるといい」と話し、後輩がそれを解決していることを願っていた。

次世代自動車産業展11《撮影 山田清志》 次世代自動車産業展11《撮影 山田清志》