富士通テンは6月19日、神戸ハーバーランドスペースシアターで開催された「第31回西日本アマチュアビッグバンド連絡会コンサート」に協賛した。

今回協賛したコンサートは、西日本アマチュアビッグバンド連絡会が1981年から開催しているもので、今年で31回目となる。同社は2006年から継続して協賛している。コンサートを通じて、出演バンド相互の親睦や技術の向上、多くの一般市民にビッグバンドを楽しんでもらうのが目的。

コンサートに加え、ゲストミュージシャンによる無料のクリニックも実施するのが同コンサートの特長。今回は、地元・兵庫をはじめ、広島、滋賀ほか西日本の各地から総勢15バンドの約310人の出演者が登場し、約5000人の観客が迫力あるビッグバンドの演奏を楽しんだ。

プロミュージシャンによる無料クリニックでは、聴講者が熱心にメモをとり、また目の前で聴くプロミュージシャンの模範演奏に満足した様子だった。

同社は「日本のジャズ発祥の地」と言われる神戸に本社を置く企業として、地元や観光で訪れた人に良い音を楽しんでもらう場を提供したい、との思いからコンサートに協賛している。今回は、演奏者としてもジャズの街神戸を盛り上げたいと、同社従業員の有志による「富士通テンビッグバンド」が出演した。