日産ラフェスタハイウェイスター

日産が発売を開始した『ラフェスタハイウェイスター』はOEMモデルである。デザインを担当したグローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プロダクトチーフデザイナーの秋山芳久さんは、サイドデザインを変更するにあたり、苦労が多かったと話す。

「例えば、ドアパネルの中には安全性能に関するものなどいろいろなものが詰まっているので、その中は変えられないのです」という。つまり、新たなキャラクターラインを入れるにしても、中に入りすぎても出すぎてもいけないということなのだ。「新しく作るクルマであれば設計者とここをこうしたいので、あと1mmレイアウトをずらしてとかできますが、それが出来ない。そんな中で、最終的に日産らしくなるようにすることはチャレンジでした」と語る。

その結果、「先方の強いキャラと日産のハイウェイスターというキャラがうまくわかれたかなと思います。いい悪いではなく、違う方向に振ることが出来たと思うのです」という。

秋山さんは最後に、「OEMモデルで、なかなかここまでで変更することはないでしょう。(これまでのように)バッチだけ変えていたのではダメなのです」と笑った。

日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産 ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産ラフェスタハイウェイスター新型《撮影 椿山和雄》 マツダプレマシー