新日鉄タイ新工場

新日本製鐵は6月17日、タイに自動車向け(合金化)溶融亜鉛メッキ鋼板を製造する工場を新設すると発表した。

溶融亜鉛メッキ鋼板を製造する新会社「ニッポン・スチール・ガルバナイジング」をラヨーン県イースタン工業団地に設立した。資本金は1億1800万ドルで、新日鉄が100%出資する。

タイは日系自動車メーカーが自動車生産台数を増やしており、高級自動車鋼板をはじめとする需要家のニーズに対応する。生産能力は年産36万tを計画している。2013年中に営業運転を開始する予定。

同社の自動車用鋼板の海外生産拠点は6か国8拠点目で、溶融亜鉛メッキ鋼板の製造拠点としては5か国5拠点目となる。