日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》

日産自動車から発売された『ラフェスタハイウェイスター』には、3つのアピールポイントがあると、日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャーの富岡保さんは話す。

「日産ならではのスタイリッシュなハイウェイスターデザイン。次に様々なニーズに応える優れた機能性。最後は走りと環境性能の両立」である。そのデザインについて富岡さんは、「新デザインのドアパネル、『エルグランド』と共通するキャラクターラインを採用し、日産らしさと品質の高さが感じられるダイナミックなハイウェイスターデザインを表現しているのです」と語る。

また、フロントデザインは、「高級感ある日産らしいフロント周りを実現するために、ハイウェイスターの特徴をしっかりと表現しています。安定感、しっかり感のあるバンパーに加え、『セレナハイウェイスター』にも共通する横バー基調のフロントクロームグリルを採用しているのです」。リアデザインに関しては、「フルカラードリアバンパーで安定感、しっかり感を表現しながら、クロームライセンスフィニッシャーを採用し、プレミアム感も併せて表現ました」と説明する。

インテリアデザインについては、「ブラウンのパイピングとステッチを採用し、日産ならではのモダンで高級感のあるカラーコーディネートとしています」として、OEM元のマツダ『プレマシー』と差別化が出来ていることを強調した。

日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産 ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産 ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産 ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》