総合人材サービスのテンプグループで、保育・託児サービスを手掛けるテンプスタッフ・ウィッシュは、早朝・日曜日対応の保育士提供を強化する。

関東エリアの企業や工場が夏の電力不足に対応するため、平日から土曜日・日曜日への振替勤務や、サマータイム制度の導入を検討しているほか、自動車メーカーは全国的に木・金曜日を休業にして土・日曜日を稼働させるなど、企業の節電対応に伴って就業日が変わった。

従業員の勤務日に合わせた早朝や日曜日の保育が課題になっており、企業や自治体からの早朝や日曜日の保育士確保や保育施設の運営に関する相談・問い合わせの増加を受けた同社では、専用登録会の実施や登録者へのメール配信、ホームページでの特設ページ開設などで、早朝・日曜日の勤務が可能な保育士を積極的に募集。早朝・日曜日対応の保育士提供を強化することで、保育士不足の解消に貢献する。

同社では保育士派遣に加え、3か所の直営認可保育所の運営や約20か所の学童保育所、児童館の受託運営のほか、指定管理者として地域交流施設を運営するなど、保育・福祉の分野で実績を持つ。

今回の早朝・日曜日対応の保育士募集では、ブランクを経て保育士に復職を考える応募も予想されるため、同社の保育施設で導入研修を実施し、保育スキルのブラッシュアップも実施する。

同社では、企業や自治体と協力した託児施設の運営なども視野に入れ、自治体・企業の子育て支援対策に寄与していく方針だ。