14日正午ごろ、大阪府大阪市西成区内の国道26号で、交通検問を突破しようとしていた原付バイクが、停止を指示した警官をはねる事故が起きた。警官は骨折などの重傷。警察はバイクを運転していた20歳の男を傷害や公務執行妨害の現行犯で逮捕している。

大阪府警・西成署によると、現場は大阪市西成区長橋1丁目付近で片側2車線の直線区間。同署員が交通検問を実施していたところ、速度超過状態で進行する原付バイクを発見。32歳の男性巡査長がこのバイクに停止指示を出したところ、バイクはさらに加速。巡査長をそのままはねた。

巡査長は左右の鎖骨を骨折する重傷。バイクは転倒したが、運転していた男はさらに逃走しようとしたため、別の警官が取り押さえ、傷害や公務執行妨害の現行犯で逮捕した。

逮捕されたのは河内長野市内に在住する20歳の男。調べに対しては「免停になるのが嫌で振り切ろうと思った」などと供述しているようだ。