マツダ3

マツダは6月17日、成長が見込まれる中南米市場の事業強化を目的として、住友商事とともにブラジル市場に参入することで基本合意したと発表した。ブラジル向けのマツダ車はメキシコで生産する。

メキシコでは中南米向けを中心とした小型車を生産。車両とエンジンの双方を組み立てる工場をメキシコシティの北西約250kmに位置するグアナファト州サラマンカ市に新設。2013年度から操業する予定。新工場の生産能力は年間14万台で『Mazda2(日本名:デミオ)』と『Mazda3(日本名:アクセラ)』を生産、中南米市場の中核で経済成長が続くブラジル市場に参入する。

ブラジルの新車市場は、10年には05年比で倍増の約350万台となり、中国、米国、日本に次ぐ世界第4位の市場に発展している。両社が取り組むブラジルの販売事業は、メキシコ工場の完成に先駆けて、12年度からまず日本で生産した車両を輸出、メキシコ工場が完成後は、同工場からも出荷する計画。

マツダの山内孝会長・社長兼CEOは「マツダは、2005年10月にメキシコ市場で販売を開始して以来、実績を着実に積み重ねており、2010 年には過去最高の販売、シェアを達成した。今後、メキシコはもとより、さらなる成長が期待されるブラジル市場を含む、中南米事業を強化する。これによりマツダが中長期施策で掲げている新興国市場のビジネスを強化するという目標を確実に達成させていく」とコメントしている。

今回の両社合意に伴ってメキシコとブラジルの事業を実行するため、現地合弁会社「マツダ・モーター・マニュファクチャリング・デ・メキシコ」をメキシコに設立する。出資比率は松田が70%、住友商事が30%。投資額は5億ドル(約400億円)を予定している。

一方、マツダはフォードとの米国での合弁生産から撤退を決めており、経営資源を成長が見込まれる新興市場にシフトする。

マツダ3