日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》

日産自動車がフルモデルチェンジし、発売した『ラフェスタハイウェイスター』のターゲットについて、日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャーの富岡保さんは、「30代前半で一人の子供がいる既婚男性」だと話す。

「彼らは複数のことをバランスよくこなすことを重視し、いつまでもかっこいい男であり続けたいという価値観を持っています」とそのユーザー層を分析する。購入の際に重視する点については、「自分が好みの見た目や走行性能と、家族に嬉しい実用性と低燃費のバランスを重視しているのです」という。

「父親としても、いまどきの男子としてもハズしたくないというのが彼らのニーズのキーワード。仕事をバリバリこなしながら、家庭も大切にし、また、外見やファッションにも手を抜くことがない、イケテル旦那様 “イケダン”がターゲットなのです」(同)。

その結果を踏まえ、商品コンセプトは「カッコいいのに、できるヤツ」とし、2つのキーワード、「“ウェルバランスド”と“ハイウェイスター”」を盛り込んだ。その“ウェルバランスド”とは、「あらゆるニーズを満たし、どんなシーンにもフィットするスマートさ」を表現、また、“ハイウェイスター”は「スポーティで存在感のあるミニバンを表現する、日産ならではのブランド」だと語った。

日産 ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産 ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》 日産ラフェスタハイウェイスター《撮影 椿山和雄》