三菱航空機 MRJ、香港のリース会社から5機受注…受注合計130機に

三菱航空機は16日、香港を拠点とする航空機リース・整備会社ANIグループホールディングスと、次世代リージョナルジェット機『MRJ』(90席クラス)の5機購入に関する覚書を締結したと発表。

MRJは、これまでに全日本空輸から25機、米トランス・ステーツ・ホールディングス社から100機の計125機を受注しており、今回の受注を合わせ、MRJの合計受注機数は130機となった。

ANIグループホールディングスは現在、インドネシアのエアライン5社に、航空機のリースと整備のサービスを提供しており、MRJの導入に関しては、優れた運航経済性と客室快適性が高く評価されたとしている。

三菱航空機の江川豪雄社長は「大きく成長しているアジア市場で、MRJの販売活動に注力して参りました。この受注はアジア市場のみならず、全世界での販売活動の大きな励みとなります」とコメントしている。

三菱航空機 MRJ、香港のリース会社から5機受注…受注合計130機に