13日午前7時45分ごろ、富山県高岡市内の市道で、道路左側の路肩を歩いていた中学1年生の男子生徒(12歳)に対し、後ろから進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。男子生徒は骨折の重傷。警察は運転していた18歳の男性から事情を聞いている。

富山県警・高岡署によると、現場は高岡市戸出吉住付近。車線区別の無い幅員約5mの直線区間で、歩道は設置されていない。男子生徒は友人と一緒に道路左側の路肩を横並びで歩いていたが、そこに後ろから進行してきた軽乗用車が突っ込んできた。

男子生徒は左足を骨折する重傷。警察はクルマを運転していた同市内に在住する18歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

調べに対して男性は「時間をチェックしようと、助手席側に置いた携帯電話を取ろうとしていた」などと供述しているようで、警察では前方不注視が事故の主因とみている。