13日午前4時30分ごろ、大阪府茨木市内の国道171号で、交差点を進行していた乗用車と大型トラック(タンクローリー)が出会い頭に衝突する事故が起きた。乗用車は大破し、乗っていた2人が死亡。警察はトラックを運転していた34歳の男を逮捕している。

大阪府警・茨木署によると、現場は茨木市三島丘1丁目付近で片側2車線。信号機が設置された交差点。事故当時、大型トラック側が国道を。乗用車側が交差する市道を進行してきたとみられる。トラックは乗用車を下敷きにしたまま、約15m走行。道路左側の歩道に突っ込んだ。

乗用車は大破。運転していた19歳の男性は事故から約1時間30分後に救出、近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。同乗していた16歳の女性は約4時間後に救出されたが、現場で死亡が確認されている。警察はトラックを運転していた京都府京都市内に在住する34歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。2人死亡後は同致死容疑で調べを進めている。

調べに対して男は「右方向から進行してきたクルマと衝突した。ブレーキが間に合わなかった」などと供述しているようだ。警察ではいずれかが信号を無視した可能性が高いとみて、当時の信号表示状況を明らかにする方針だ。