日本ピストンリングは、2012年3月期通期連結業績見通しを公表した。

東日本大震災による部品不足で自動車メーカーの操業回復が見通せないことから、同社も業績見通しの公表を見送ってきたが、自動車生産台数が回復してきたことから業績見通しを公表した。

売上高は前年同期比3.0%減の460億円と減収になる見通し。上半期の落ち込みをカバーできないため。

収益も円高や原材料高騰もあって営業利益は同28.6%減の30億円、経常利益が同27.3%減の24億円にとどまる見通し。最終利益は前年同期横ばいの17億円を見込む。