レーシングコースを競技用自転車で走行 7月3日

7月3日、競技用自転車のサイクルイベント「ENJOY!SPORT BIKE フジ55 in 富士スピードウェイ」が、富士スピードウェイのレーシングコースで開催される。

1周4563m、高低差36.4mのレーシングコースを舞台にしたイベントで、小学生から60歳以上の男女が参加できる。ゲストには、ロードレース界の今中大介氏や粟村修氏、元F1レーサーの片山右京氏、プロトライアスリートの白戸太朗氏などが参加する。

競技は、制限時間8時間以内に限界に挑む55周(約250km)と、マイペースで楽しみながら走る22周(約100km)とに分かれ、それぞれ単独で走るソロと、チームが同時に走り全員の合計タイムを競うチーム・パラレル、各チームがリレー方式で走行タイムを競うチーム・シリアルで競い合う。

車両基準は、ロードバイクがフリーホイール式で前後ブレーキ装着の車輪径26インチ以上の車両、MTBはフリーホイール式で前後ブレーキ装着の車輪幅1.5インチ以上のフラットハンドル車両。クロスバイクに類する車両もロードバイクとして参加可能。

エントリー受付は6月26日まで。なお、同大会では「第3回富士スピードウェイロードレース」が併催される。

レーシングコースを競技用自転車で走行 7月3日