東京スカイツリー照明「粋」(c)TOKYO-SKYTREE

東武鉄道と東武タワースカイツリーは、東京スカイツリーのライティング機器のパートナーであるパナソニック電工と、東京スカイツリー専用のライティング機器の仕様を決定し、合計1995台の照明器具のオールLED化を決めた。

省エネに優れるLED照明器具と、それらの器具を高速制御するLED演出システムの開発によって、消費電力は、1588台が点灯するライティングデザイン「粋」パターンで約153kWに抑える。パナソニック電工製の従来光源と比べて約43%省エネとなる。

東京スカイツリーのライティングについては、日本の美意識のもと、下町の歴史や地域性とともに、時代を象徴する計画。陰影の美しさによって表現されたデザインと合わせて、周辺地域との調和や地球環境に配慮した照明計画にする。

東京スカイツリー照明。「粋」色の照明 東京スカイツリー照明「雅」(c)TOKYO-SKYTREE 東京スカイツリー照明。「雅」色の照明 東京スカイツリー照明。「ゴールド」色の照明 東京スカイツリー照明。ゲイン塔の照明 東京スカイツリー照明。時計光の照明 東京スカイツリー照明。鉄骨交点の照明