ピースケ@燃費のシステム概要図

クルマの環境負荷軽減のため、関連する業界団体・企業と産学連携で研究を進めている自動車アフターマーケット高度化コンソーシアムは、法人業務車両の燃費、事故、CO2を削減するソフト「ピースケ@燃費」をコンソーシアム参加企業と共同開発した。

ソフトは、大学発ベンチャーの早稲田環境研究所と地球健康クラブが産学連携で開発した。コンソーシアム活動の一環として、ソフトを多くの業務車両を保有する企業・団体向けに販売する。

多数の業務車両を保有する企業は、事故防止や燃費低減に効果のあるドライブレコーダー導入のための初期投資を避ける傾向があり、管理部門ではドライバーが記入した運行管理台帳のデータ化作業など、業務負荷が高まっている。こうした実態を考慮してコンソーシアムはピースケ@燃費を開発した。

ピースケ@燃費は、ドライバーが給油やオイル交換など整備を行った際の情報を携帯で入力、管理部門が入力情報をチェックできるというもの。ドライバーと管理部門が一体となってCO2と事故の削減を進めていく。

業務車両の給油時に、給油量と走行距離を携帯で入力すると、瞬時に運転者の燃費改善ランキングが判明する。燃費管理は、全社や事業所別管理も可能。車種別燃費管理により、車種ごとのデータ把握が可能で、車両代替時の目安にもなる。また、カタログ燃費情報と比較することで、実際の使用との違いも把握できる。システム内の通信機能とメール機能の2つの連絡機能により、ドライバーに管理者からの安全運転の啓蒙メールを発進でき、ドライバーからの返信も可能となる。

初期投資不要のSaaSで提供するため、月額使用料は300円(税別)から。

日本ユニシスは、自社のドライブレコーダーを活用したクラウド型「無事故プログラムDRP」サービスのオプションとして、製品を「燃費管理サービス」として提供する。サービスをドライブレコーダー導入の入門編として提供することで、燃費と事故の相関関係の解析を早稲田環境研究所と産学連携で進め、学術的データからのレポート提供など、他社のドライブレコーダーとの差別化商品として位置づけ拡販する。

製品の発売にあわせて、コンソーシアムでは販売委託代理店も募集する。